HOME >注射針を使用しないヒアルロン酸導入 :オーラルセラピー

注射針をまったく使わないヒアルロン酸導入
 オーラルセラピー


がんばっている自分へのご褒美に!


 お口まわりの「ほうれい線・小じわ」等に
 エレクトロポレーション機能(新技術)により
 ヒアルロン酸・プラセンタを肌の奥に導入してケアします


ヒアルロン酸とは?
    ヒアルロン酸とはもともと人体に存在するゼリー状の成分でムコ多糖体(体の循環と代謝を助ける)と呼ばれるものの1つです。
  1.  抜群の保水力でお肌の潤いに影響する粘液性の成分で
    もともと人の真皮の細胞と細胞の間に多く含まれています。  主な働きとしては、肌の保湿性や粘弾性の維持、肌のシミ・たるみの予防などがあり、水分の保水力保持やクッションのような 役割を果たしています。

     ヒアルロン酸は非常に高い保水力があり、ヒアルロン酸自体の質量の600倍もの水分を蓄える力があります。乾燥した空気の中でも 水分を逃さないほど保湿性に優れた成分で、肌の潤いを保つために大切なものです。
    しかし、女性は23歳をピークにだんだん減っていき、60歳代になるとわずか20%台になるというデータがあります。 このヒアルロン酸が不足すると肌が乾燥してハリが失われた状態に!
    シワ・たるみ対策に減少したヒアルロン酸を補充する必要があります。

  2. 《ヒアルロン酸を食べて補充すると、、、》
  3.  ヒアルロン酸はフカヒレ、鮭、鶏手羽、山芋、納豆、もずくなどの食材にも含まれています。
    これらの食材を食べてもヒアルロン酸を摂取できます。しかしヒアルロン酸は分子が大きいため腸内環境が良くないと吸収されずらく、お肌までの道のりも遠いため効果はあまり期待できません。

  4. 《ヒアルロン酸を塗って補充すると、、、》
  5.  ヒアルロン酸配合の化粧水を塗ると、肌の最も外側である角層には浸透できます。ただヒアルロン酸が本来働いている真皮層はもっと奥の方に あるので、そこまでの効果は望めません。でも角層は潤います。

プラセンタとは?
    プラセンタとは哺乳動物の胎盤のことで胎児の成長を促す貴重な栄養成分です。
  1.  哺乳類が胎児の生命を育てるのに、栄養補給する胎盤から抽出された成分で細胞の新陳代謝を促します。また、人間に必要なたんぱく質・脂質・糖質の 3大栄養素をはじめミネラルやビタミン、酵素、核酸 などの美肌の素となる多彩な栄養素が豊富に含まれています。

     栄養豊富なプラセンタエキスは身体を活性化させ、アンチエイジング効果が期待できるため最近では皮膚科の領域でも、エイジングケアやシミ対策、肌質の改善など 、プラセンタが積極的に使われるようになりました。

  2. 《プラセンタをたべると、、、》
    •  哺乳類由来のプラセンタは豚、牛、馬、羊などが原料ですが、一般的な食材には含まれません。食べるなら サプリやドリンクで摂取します。肌の修復をサポートし、クリアな肌への作用に期待がもてます。

    《プラセンタを塗ると、、、》
    •  肌に含まれる天然保湿成分の主成分である豊富なアミノ酸が力を発揮、表面からたっぷり潤いを与え、 肌内部の働きを健やかに行うためのバリア機能をサポートします。

    《プラセンタエキスの作用と効果》
      1. 肌に栄養を届けて美肌の再生を助ける
        • 血行を促進すること(血行促進作用)で肌の細胞の1つ1つに栄養を届け、ターンオーバーを促し、美肌の再生を助けます。
          さらに、肌の老廃物を押し流すことでシミやくすみ、クマなどを改善させていきます。
      2. 肌の弾力を保ちシミも防ぐ
        • 「活性酸素」最近よく聞くようになった老化因子の1つです。
          顔の肌は普段、紫外線などの外的刺激を受けやすく 活性酸素による老化ダメージがシミやしわ、たるみの原因になることが知られています。
          プラセンタは「抗酸化作用」により 肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンのダメージを抑制し、さらにシミの原因になるメラニンの発生を抑えることで肌を老化ダメージから守ります。
      3. 内側からハリと潤いが溢れ出る美肌の基礎を作る
        • 美しい肌を手に入れるには「線維芽細胞」が欠かせません。
          線維芽細胞は肌の真皮層にあり、肌のハリや弾力を作り出す 「コラーゲン」や「エラスチン」肌の水分を保ち潤いを作り出す「ヒアルロン酸」などの美肌成分を産み出すとても重要な細胞です。
          しかし、線維芽細胞の自己増殖能力は20歳後半から低下し始め、年齢とともに減っていきます。
          プラセンタには線維芽細胞の増殖を促す働きがあり、美肌成分の生成を助け、肌の真皮層から美肌をサポートします。
 
なぜエレクトロポレーション機能がいいのか?
  1.  肌表面にはバリア機能があって大きな分子のヒアルロン酸やプラセンタを塗るだけでは奥にある真皮層にまで浸透させることが出来ません。
     これをエレクトロポレーション(新技術)により一時的に細胞と細胞の間のバリアをゆるめて、大きな分子のヒアルロン酸やプラセンタを肌の奥まで浸透させます。
     これによりヒアルロン酸は本来の真皮層にまで浸透され細胞間の潤いを保つ働きに効果を発揮し、プラセンタもしっかり働きターンオーバーを促して肌を生まれ変わらせメラニンを排出させてシミを緩和させます。またプラセンタは抗酸化成分 も豊富なのでエイジングケアにも効果があります。
ターンオーバーとは
  1.  お肌のターンオーバーとは、肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりのことです。
     肌の表皮最下層(基底層)で新しく生まれた(生成)皮膚細胞は形を変えながら肌の表皮へと押し上げられていき表面に出てきます。(成長)、最後はアカや古い角質となって自然と剥がれ落ち(排出)、 当たらしい皮膚細胞と入れ替わっていきます。
     このサイクルをお肌のターンオーバーと言います。 肌のくすみ・シミが増える、濃くなる、傷跡が治りにくくなるなどが現れたらターンオーバーの機能が低下しているサインです。
目指すのは、新しい自分と肌美人
    ☆歯科クリニックで行うアンチエイジング!☆
    エステはちょっと敷居が高いとあきらめていた方へ
     注射針をまったく使わないため、安心・安全
     お手軽なオーラルセラピーを初めてみませんか?
     詳しくは受付または待合室のポスター・冊子で。


    *尚、こちらのセラピーは当クリニックの患者さんに施術しています。
    美容目的のみの方はお断りする場合がありますので、詳細は当クリニックまでお問合せ下さい。